蕎麦の脱粒
刈り取り後、一週間の天日乾燥して、蕎麦の脱粒です。
この機械は、秦野の名産品、落花生の脱粒機です。
茎と実を歯のついたドラムの回転で分離して、風の力で葉などのごみと分別します。
秋の野山に、ディーゼルエンジン(発動機)の音がコダマしました。
来週は、さらにゴミや石とりなどをして、収穫祭に備えます。
トップページへ戻る
        落花生の脱粒機
ふるいも活躍        
箕での選別に挑戦 なかなかいいぞと 誉められたり 指導されたり
トップページへ戻る