麦の調整とそばの石取り
麦の調整です。唐箕でしいな(軽い実)やごみを飛ばして、製品にします。
30キロの袋が16個と7.5キロ、たくさん穫れました。
大勢の参加があったので、そばの石取りもすみました。
岡さんは 山に草刈に行ってくださいました。源氏蛍が出ていますよ。
写真にはありませんが、小堤さん、宮代さん、杉村さんによる水団。最高の味でした。
トップページへ戻る
  麦刈りから1週間 乾燥した麦を唐箕へ 扇風機の原理で風を作り 軽い実やごみを吹き飛ばす
ふるいや手での選別 30キロにに袋詰め   交代しながら  
そばの石取りも同時進行 手数が勝負   そば談義が進みます
トップページへ戻る